オンラインカジノでルーレット攻略!世界中で最も有利なルーレット

オンラインカジノでルーレット
  1. オンラインカジノでルーレット
  2. ベットシステム解説
  3. バーレイ法

更新日 15.05.22 | 公開日 07.10.04


カジノのあれこれ

カジノはオシャレというイメージの強い娯楽で、特にマカオやラスベガスを初めとした世界的なエリアは数多くのカジノファンを日々楽しませています。 カジノではやはりオシャレな服装をした人が多いという感じを受けると思うのですが、確かにオシャレな人ばかりなんですよ。 そういった服装は当然義務のようなものであり、いわゆるドレスコードというものが各店には存在しているのです。 つまり、キチンとした服装でなければ入店を拒まれる可能性があるということです。 しかしながら、服装ルールについてはカジノの場所によっても大きく異なっています。 おおまかにはヨーロッパなアジアなど地域ごとに風習が変わってくるイメージです。 たとえばヨーロッパですが、ここではしっかりとした正装が求められます。 そうは言っても何も高級な洋服を着て行かなければダメというわけでは無く、見た目がキチンとしていれば特に問題はありません。 簡単に言うと、公的な場でするような服装をしていれば良いのです。 ゲーム性の強い娯楽施設とは言えますが、雰囲気としては「大人の空間」…つまりそれなりの正装が好まれてきたのです。 ヨーロッパにおいてはそれが最も顕著で、正装は色々と注文も多く付けられるかもしれません。

一方ではアメリカなどはヨーロッパほどは色々と言われない傾向があります。 中にはTシャツでも良いようなお店もありますが、限度もあるので基本は清潔感のある服装が良いでしょう。 そもそもカジノとはヨーロッパはイタリアで生まれた娯楽で、その当時も上品な遊びとして定着しました。 ギャンブル・賭け事というものは国ごとに捉え方はさまざまで、至って普通の「遊び」であったり中には厳罰に扱われる国もあります。 だからこそ世界中からカジノの街には人が集まるわけで、その国の地域では主要な収入源となる場合が多いです。 大人の遊ぶということですが、確かにたくさんのお金が行き交いますし子どもは中々行ける場所ではないでしょう。 しかし18歳以上なら入店できるカジノも国によってはありますし、年齢基準はさまざまです。 アメリカなどは21歳になっていないと入れないので注意が必要です。 どこのカジノでも入店時には服装チェックとともに、年齢確認はしっかり行われています。 21歳という年齢制限は何だか中途半端に思われるかもしれませんが、他にもお酒など同じ年齢からというのも多いので特にギャンブルだから・カジノだからというわけではありません。

近年ではインターネットが世界中に普及していますから、オンラインカジノを楽しむ人も多いです。 オンラインのものから始めて、それがきっかけでリアルのカジノ店に通い始める人も増加してきていますね。 オンラインであれば自分の国でカジノが規制されていても、利用できるのでカジノ人口はかなり増えていく試算になるでしょう。 特にカジノに対して高い需要のある国もあって、日本などでもカジノ開始を期待している人も多いですね。 今のところは、外国に行ってカジノを楽しむかオンラインのものを使うことになるでしょう。 稼ぐためというよりカジノそのものを楽しみたいという人は多いです。 競馬や競艇などは分析という概念もあるでしょうが、完全ギャンブルのものとなると運要素のゲームになります。 一攫千金という言葉もありますが、持ち金で夢を買うような宝くじみたいなものかもしれません。 しかしながらカジノにはたくさんの種類があって、ポーカーなどであれば熟練している人は勝率も高くなるでしょう。 「場の流れを読む」という言葉も賭け事ではよく言われますが、確かに勝ち続ける人も中には居ることも事実です。 ポーカーのようなものは、お金を賭けなければ当然どの国でも子どもでも出来るわけですし上手い人も多いでしょう。 そういった人が実際にマカオなどのカジノタウンに行きたくなることもあるでしょうね。

日本で言えばスロットマシンをしてみたい人が多いかもしれません。 パチスロ店や、メダルで遊ぶゲームセンターなど日本中にありますからね。 しかし、実際にカジノのものはやはり賭けられる金額も多くすることも出来ますからね。 大きすぎる金額はやはり直観だとか勝負勘もひるんでしまうかもしれません。 ビギナーズラックという言葉もありますが、それはカジノでもよく起こり得ることなんですよ。 ちょっと観光ついでに立ち寄った旅行者が大勝ちしてしまうことも、よく見られる光景ですね。 ではどうしてそのようなことが起きるかというと、やはり先入観が無く直観に沿ってプレイ出来るからかもしれません。 もちろん、そうならない初心者も居ますが上手く直観が回った人が勝つこともあるのでしょう。 カジノは運だとは言いますが、勝つと莫大なお金が稼げることもあるのが魅力です。 負ければ借金ということはありませんし、夢があるという点では素晴らしいものだと思われます。 楽しみたい人は本当に楽しんでいますし、そういう意味では娯楽要素はかなり強いですね。

バーレイ法

 パーレイ法はマーチンゲール法の逆パターンです。逆マーチンゲール法とも言われています。
 連勝の勢いに乗って少ない手持ちを一気に増やす方法です。
 ルーレットならレッドブラック、ハイロー、オッドイーブンのように2倍の配当になる賭け方に適しています。

 マーチンゲール法の逆で勝った時に勝ち額のすべてを次のゲームにつぎ込みます。
 配当が2倍の勝負では、単純に$1から始めて8連勝すれば+$255になります。

 下記の例は8連勝した収支です。

回数
1
2
3
4
5
6
7
8
賭け金
$1
$2
$4
$8
$16
$32
$64
$128
トータル収支
+$1
+$3
+$7
+$15
+$31
+$63
+$127
+$255

 パーレイ法では、一度勝ち始めればその後は勝ち金全額の投入を繰り返しているので、若し負けたとしても最初の賭け金分しか損をしていないことになります。

 また、この応用法として連勝途中で元手を差し引いておく方法もできます。
 破壊力は若干落ちますが、この方法なら連勝が途中でストップしてもマイナスになることはありません。

gotoTop